薬局検索 | DDまっぷは全国の病院・診療所・歯科・薬局を検索できある病院検索サイトです。

2018年のインフルエンザについて – 医療法人 しばじクリニック 柴地 隆宗 先生

トップ > 2018年のインフルエンザについて – 医療法人 しばじクリニック 柴地 隆宗 先生

Q1.今年のインフルエンザの流行の予測についてお願いいたします。
東京などでは早くも学級閉鎖が出ているとの情報がありましたが。

確かに、先日のニュースでも報道されていましたが、東京では9月から学級閉鎖の報告が数例あり、例年だと10中旬から少しずつ報告されるのですが、今年は少し早いようです。
(東京都感染症情報センターのホームページhttp://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/flu/flu/から)

Q2.今年のインフルエンザワクチンはどのようなワクチンになりますか?

2018~2019年シーズンは以下の4株がワクチン製造株として厚労省から選定されています。

A型株 A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)
B型株 B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)

今シーズンは、予防接種により4種類のインフルエンザに対して免疫力をつけます。
インフルエンザワクチンを接種してから2~4週間で抗体ができますので、近くの地域で流行しているとの話があれば、早めに接種すると良いと思います。
毎年、12月から1月が患者さんが多いので、遅くとも11月には接種されていると良いと思います。また、大人は老人も含め、既に免疫機能がある程度あるので1回接種でも予防効果があります。
子供さんは元の免疫機能が不十分な為2回接種により免疫力を高めた方が良いと言われています。
京都市では高齢者向けに費用に付き補助制度があります。下記のサイトをご参照ください。
京都市 高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

Q3.インフルエンザかなと思ったらクリニックに行くまでに何か処置はありますか?
(体力の衰えを少なくするとか、家族にうつさないようにとか)

感染は飛沫感染ですので、「インフルエンザかな」と思ったら、まずマスクをしてください。
また、看病する人もマスク、うがい、手洗いなどで感染を予防することが大切です。
また、ドアノブなど感染者がさわったりするようなところを清潔にすることと、流行時には、アルコール消毒(お店や、病院の入り口に置いてあるスプレーなど)を心掛けて貰うと良いでしょう。
特に、大勢の人が集まるような場所では、マスクや手洗いうがいなどで自ら感染リスクを減らすことが大切だと思います。

他にも予防には空気清浄機などもありますが、当クリニックでも次亜塩素酸を使った空気清浄器を設置しており、少しでも感染を防ぐようにしています。



――――――本日はありがとうございました。

お話を伺った先生:医療法人 しばじクリニック 柴地 隆宗 (しばじ たかむね)先生

【専門・所属】

  • •医学博士
  • •日本外科学会専門医・指導医
  • •日本消化器内視鏡学会専門医
  • •消化器がん外科治療認定医
  • •ジオン注施注資格
  • •日本医師会認定産業医
  • •日本消化器外科学会専門医・指導医
  • •マンモグラフィー読影認定医
  • •日本外科学会
  • •日本消化器外科学会
  • •日本消化器内視鏡学会
  • •日本大腸肛門病学会
  • •日本ヘリコバクターピロリ学会