薬局検索 | DDまっぷは全国の病院・診療所・歯科・薬局を検索できある病院検索サイトです。

インフルエンザ対策 – 鳥居内科 鳥居 幸生 先生

トップ > インフルエンザ対策 – 鳥居内科 鳥居 幸生 先生

Q1.インフルエンザの流行時期はいつぐらいからですか?

一般的には、12-3月頃です。

Q2.インフルエンザに感染した場合、どのような症状がでますか?

インフルエンザの症状としては、突然の38~39℃を超える発熱と頭痛、関節痛、筋肉痛などに加え、鼻汁、咽頭痛、咳などの上気道炎症状がみられ、全身倦怠感等の全身症状が強いことが特徴です。インフルエンザかなと思ったら、早めに医療機関(内科や小児科)を受診しましょう。

Q3.インフルエンザを予防するためにはどうしたら良いでしょうか。

一番は、自分が健康であることです。気の抜けたときや疲れているときは、免疫力が低下するためどうしても感染しやすくなりますので、体調管理には気をつけてください。また、外出して帰ってきたら必ず手洗い、うがいをしましょう。人ごみを避けることも予防には重要ですが、どうしても出かける必要がある場合は、なるべくマスクを着用しましょう。

Q4.インフルエンザの予防には、インフルエンザワクチンの接種が有効だと聞いていますが、適切な接種時期はありますでしょうか?

インフルエンザワクチンを接種後、効果がでるまで2週間ほどかかります。そして、ワクチンの効果は5ヶ月ほど持続しますので、11月中に接種すれば、流行時期の3月頃までの対策になるでしょう。

これから寒くなってきますが、しっかり体調管理して元気に過ごしましょう。


――――――本日はありがとうございました。


お話を伺った先生:鳥居内科 鳥居 幸生先生(日本内科学会 総合内科専門医 精神科専門医、指導医)

【略歴】

  • 1998年 福岡大学医学部 卒業
  • 2010年 鳥居内科 開院

【勤務歴】

  • 京都大学医学部附属病院
  • 京都桂病院
  • 彦根市立病院
  • 静岡徳洲会病院
  • 静岡赤十字病院
  • 社会保険京都病院

【専門医・資格】

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会 糖尿病専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医