虫歯予防 – みきデンタルクリニック 三木 州先生

トップ > 虫歯予防 – みきデンタルクリニック 三木 州先生

Q1.最近、街中でも「インプラント治療」と言う看板を良く見かけるようになりました。 自分の歯を失った時に従来であれば、入れ歯、差し歯、などで義歯を入れるしかなかったと思いますが。

はい、昔は自分の歯を失うと入れ歯、ブリッジ、差し歯と言った治療法しかありませんでした。 まず、入れ歯と差し歯は、歯の根(歯根)が残っているかどうかで残っていれば差し歯治療を行っていました。 歯根がのこっていなければ、入れ歯、またはブリッジで治療を行うことになります。 部分入れ歯または、総入れ歯は固定されていませんので咬む力が弱くなります。 また、抜けた歯の両隣に健康な歯が残っていればブリッジによる治療が可能です。 このブリッジの欠点は、抜けた歯の両隣に残っている健康な歯を削り、人工の歯を入れるので、橋渡しをされている健康な歯に負担を掛けることになります。 つまり正常な歯を削ることと、噛む度に(咀嚼)その両側の歯に負荷をかけることで両隣の歯が徐々に傷んで行きます。特に奥歯(大臼歯)へのブリッジの場合、 治療を行ってから10年位の間に両隣の歯にトラブルが発生します。 ブリッジや入れ歯ですと、元の自分の歯に比べて20%程度しか咀嚼力がありません。つまり、リンゴや固いものなどは噛むのが難しいと思います。

これら従来の治療法に比べインプラントは歯が生えていた骨の部分に人工の歯根(インプラント)を埋め込んで歯を作るので、他の健康な歯に負担を掛けずに固定されます。 従って失った歯の位置に単独で固定されますので、残っている健康な歯に負担を掛けることなく歯を使うことが出来ます。 咀嚼も、元の歯と同程度に出来ますので、リンゴやピーナツも噛めます。

Q2.インプラント治療には、時々事故が有るようですが。

事故の多くは事前の検査が不十分だったと考えられます。

事前検査に欠かせないのが、CT による画像診断です。従来のレントゲンによる画像が2次元で平面しか写せなかったのにたいして、CT画像は立体的に細かく状態が見えますので、神経や血管の位置も正確にわかります。 また、骨の断層や輪郭も見えますので、埋め込むインプラントの最適な位置、方向、長さも解ります。 事前検査をキチンと行なえば、手術で血管や神経を傷付けることなく適切な手術が可能です。 さらに、その患者さんがインプラントに適しているかどうかも診断できます。骨の状態(形、骨密度等)により、インプラントに適さない患者さんもいらっしゃいます。

Q3.インプラントの手術には高度な技術と十分なトレーニングが必要と聞きますが。

インプラント技術に特に優れた医師として表彰された三木先生
 

私は、開業前に7年間高い技術を持ったベテランの先生に指導を受けながらトレーニングを積みました。 そこでの手術例は数百件になります。


Q4.インプラントは優れた治療法であることは分かりましたが、費用が様々でどこで治療先を選ぶのに迷います。

必ずしも安いところは良くないとは言えません。ただ、私の考えですとインプラントの材料を製造しているメーカーにもいろいろあり、 昔からしっかり取り組んでいて安心出来るメーカーの材料を使うのが良いと考えています。また、先ほどお話しした事前検査から施術準備、 そしてアフターケアまで含めて3~5ヶ月ほどかけてしっかり治療を行っています。「安くて、早い」と言った治療を行っておられるところもありますが、 当院では患者さんの為にしっかりとした治療を行いたいと考えており、その結果35万~40万位の費用と丁寧な治療を行うためにある程度の時間は必要だと考えています。 安心できる歯科では概ねその位の費用で治療されているようです。

Q5.インプラントや入れ歯のお世話にならない為の予防法を教えて下さい。

やはり、 1.歯みがきによるプラークコントロール、 2.正しい噛み合わせ そして 3.年一回はレントゲンによる定期検査を受けられると良いでしょう。 歯科へは、歯が痛くないと来られない患者さんが殆どですが、出来るだけ 年一回はレントゲン検査を受けられることをお勧めします。 長寿の時代、老後を楽しく過ごすためにはいつまでも自分の歯で食事が したいものです。

Q6.最後に日頃の診療で心がけていらっしゃることなどお聞かせください。

開業して、4月で丁度一年になります。開業当初は8時半で診療を終わっていましたが、患者さんの 予約が8時台に集中するので、夜10時まで診療時間を延長しました。 三ノ宮はオフィス街なので、通勤や通学帰りに夜、治療にお見えになる患者さんが沢山いらっしゃいます。 これからも、出来るだけ患者さんの立場に立った親切な治療を続けて行きたいと思います。


――――――本日はどうもありがとうございました。


お話を伺った先生:三木 州先生(みきデンタルクリニック)


【略歴】

  • 松本歯科大学卒業
  • 神戸大学医学部付属病院歯科口腔外科研修医
  • 医療法人有心会勤務
  • 医療法人西村歯科勤務
  • 2012年 みきデンタルクリニック開設