インプラント – みきデンタルクリニック 三木 州先生

トップ > インプラント – みきデンタルクリニック 三木 州先生

今回は前回に引き続きインプラントについてお伺いいたします。

歯根破折は結構多いのですか?なぜ歯根破裂は起きるのですか?強く咬み過ぎるとか。

歯根破折は多いですね。色々なケースがありますが、ある患者さんは、噛み合わせが奥歯に偏っているので負担がかかっていたのと、もう一つ歯の神経を抜いていた為、乾燥し易くなっていたことが原因でした。

乾燥すると割れやすいのですか?

丁度、田んぼが干上がると地面がひび割れてしまうのと同じです。神経が無くなると歯も歯を支える歯根も乾燥して割れやすくなります。神経を抜くと必ずこのようなリスクがあります。

他に歯が抜ける原因はどんなものがありますか?

歯槽膿漏による原因が多いです。歯を失うのは、虫歯の他歯槽膿漏による喪失が多いです。40~50才になると増えてきます。

歯の磨き方が良くないから歯槽膿漏になるのですか?

それもあります。しかし、子供のころ歯の健康優良児と言われていたような人でも発症しています。
これは想像ですが、小さい頃から自分の歯は丈夫だと思い込んでいるので、歯医者さんから縁遠くなります。
社会人になると定期的な歯科健診の機会が無くなる為、余計無関心になり不具合が出てから歯科に行ってみると歯槽膿漏だったと言う方が多いです。
レントゲンで検査すると解るのですが「サイレント ディジーズ」と言われるくらい、痛みを感じない間に進行する病気ですので、歯科医で検査しない限り発見できません。
見つかった時には手遅れで、抜歯というケースが沢山あります。40~50代の方に多いです。

先日、あるセミナーで歯槽膿漏は万病の元と言う話をききました。

そうですね。最近では歯槽膿漏から心筋梗塞や色々な病気が発症しやすくなると言われています。

さて、インプラントの治療期間は、歯が抜けてからどの位ですか?

インプラント患者さんによって個人差があります。いつ埋め込みができるかです。埋め込みが出来てから3ヶ月位です。

実際に治療を受けてみると、考えていたほどの不安は無く、設備と技術がキチンとしていれば事故なども起こりにくいと感じましたが。

確かに、インプラントによる事故も起きていますが、事前の検査と準備をしっかりやれば安全な治療が出来ます。事前の準備が不十分な場合に問題が起きると思います。
インプラントは、既にコンセンサスが確立されていますので、十分な設備と技術が整っていれば安全に治療を行うことが出来ます。

CTスキャンによる画像を元にインプラントの穴の位置とか深さを正確に測った上で計画を立てて実際の手術に説明をして貰ったので、大変安心でした。

CTCTがあると無いとでは、正確な手術ができるかどうかに差が出ます。また、ネジを占める力の大きさも35ニュートン迄が適切だと解っていますので、みなさんが日曜大工のイメージでネジを締めすぎて山をつぶしてしまうようなことはありません。

十分な設備と、トレーニングを積んでいて、手順通りに正確に施術すればめったに事故は起こらないのではないかと言う印象でしたが

インプラントは、約40年前にコンセンサスが生まれていますが、私の採用するノーベルバイオケア社製のブロ-ネマルクインプラントは実績(症例数)が圧倒的に多いので信頼性が高い技術だと思います。
このメーカーのインプラントは、多少コストもかかりますが安全など信頼性が第一だと考えています。
インプラントは自費診療ですので、安く、短期間での治療を売り物にされているところも見受けられます。
しかし、どうしても安く、早くやる為にはステント(インプラントの最終の歯を模倣した物。インプラントの穴をあける際のドリルのガイド等にも使用)も作ってなかったり、歯根の形成を待たなかったり、CT検査をやってなかったり、どこかに無理をしているのではないかと思います。

CTスキャンによる事前検査とステントは安全の為に最低限必要な要件ですね。

私は、そう考えています。

その辺を事前に見極めるのは難しいですね。どうしたらいいでしょうね。

シュミレーション画像確かに難しいですね。この間、ホームページに紹介しましたが、最近さらに安全なインプラント治療が出来ました。「ノーベルガイド」と言うシステムです。CTの画像上で、インプラント埋め込みのシミュレーションを行い、それに基づいてガイドを作り手術が行われますので、従来のステントに比べても格段に安全性が向上しました。

やはり、直接歯科医院に確認することですね。

そうですね。事前にどのような方法で歯を固定するのかなど、聴いておいた方が良いと思います。「スクリュー固定」ならネジ式なので取り外しが出来ます。将来トラブルが起きた時に取り外しができるわけです。
それに対して「セメント固定」の場合、それができません。ただ、スクリューに比べて見栄えは綺麗です。付け加えますと、個人差があるのでどうしてもインプラントの埋め込み位置によりスクリューが選択場合もセメントになる場合があります。


──なるほど。このような事前相談にしっかり応じてくれるところがよさそうですね。歯医者さんのドアを開けて受診してからだと、なかなか聞きづらいと思います。できれば、歯科を選ぶ前に詳しく相談することが良い方法ですね。
メールや電話なら、費用も含め思い切って質問できます。一生使う歯ですから、そこは慎重に決めたいですね。


――――――本日はどうもありがとうございました。


お話を伺った先生:三木 州先生(みきデンタルクリニック)


【略歴】

  • 松本歯科大学卒業
  • 神戸大学医学部付属病院歯科口腔外科研修医
  • 医療法人有心会勤務
  • 医療法人西村歯科勤務
  • 2012年 みきデンタルクリニック開設