夏病の予防・対策

トップ > 夏病の予防・対策

夏病の症状・対策

熱中症とは?

高温下で活動している時に、体内に熱がたまって神経の障害が起こり、脱水症状などの影響で体温調節機能が崩れて体温が異常に上昇し、肝臓、腎臓、中枢神経などの障害を引き起す病気です。

具体的な症状としては、口の乾き、高体温、倦怠感、大量発汗、発汗停止、嘔吐(おうと)、脱力感、筋痙攣、強い頭痛、めまい、失神、精神錯乱、昏睡などになります。そして最終的に呼吸停止、心停止に至ることもあります。

対策と予防

高温で風通しの悪い環境下では熱中症のリスクが高いです。発汗により体内の塩分が失われていきますので、スポーツドリンクや塩を含んだタブレットなどでこまめな水分補給をすることがとても大切です。
また激しい長時間の運動は中止して、涼しい場所で休息をとることも必要です。

熱中症と疑われる症状が出たら、体温を下げることが第一。頭・首のアイシングや風通しの良い涼しい場所に移動させ安静にさせしょう。脱水症状の可能性が高いので、吐き気がないようであれば水分を補給させます。


脱水症状

脱水症状とは?

体内の水分が不足している状態のことをいい、摂取する水分よりも失う水分が多い場合に起こります。
嘔吐、下痢、利尿薬の使用、暑さなどによる多量の発汗、水分の摂取不足が脱水の原因になります。

脱水症状

脱水症状は、室内でも発生します。こまめな水分補給が大切です。喉が渇かなくても、定期的に水分をとりましょう。


皮膚病

肌の露出が多い夏は要注意!

野外での活動が多くなる夏。特に子供は色々なものに接する機会が多いのでスキントラブルが起きやすいです。

具体的な例としては、虫刺され、かぶれ、そして日焼けです。

対策

肌を露出させないことが一番です。虫刺されでは、目に見えない微細な毒針が刺さっている可能性が高いので、先ず冷水で洗い流して冷やし、ステロイド系の外用剤を塗布します。
腫れや痛みが強い場合には皮膚科の受診をお勧めします。

かぶれでは、痒みにより患部を掻いてしまうと周囲に痒みが広がってしまいます。そのため患部を軟膏で塗りガーゼで保護して拡大を防ぎます。それでも症状が良くならないときは皮膚科で見てもらいましょう。