花粉症ってどうして起こるの?

トップ > 花粉症ってどうして起こるの?

花粉症発生のメカニズム

アレルギーの仕組みを理解しよう

花粉症について詳しく知るためには、まず“アレルギー”について簡単に理解する必要があります。

では、“アレルギー”とはどういった病気なのか。

簡単に言うと、アレルギーとはある特定の物質に対して過敏に体が反応する事を言います。この時、アレルギーの原因となる物質を“アレルゲン(抗原)”と呼びます。

花粉症の場合、各種花粉に含まれるさまざまな物質がアレルゲンとなって花粉症の症状を引き起こす原因となります。

花粉症の発症 第一段階

アレルゲンとなる花粉に何年も接触していると、主に遺伝的にアレルギーの素因を持つ特定の人の体内でアレルゲンに反応して、“抗体”という特殊なタンパク質が生成されます。これが花粉症の発症の第一段階にあたります。

ちなみに、アレルゲンと抗体は鍵と鍵穴の関係に似ており、決まったもの同士が結合します。

これを抗原抗体反応と呼びます。

花粉症の発症 第二段階

抗原抗体反応は、マスト細胞と呼ばれる細胞の表面で起こり、これが引き金となって、マスト細胞から炎症を引き起こすヒスタミン等の物質が放出される事になります。

花粉症の発症 第三段階

炎症を引き起こすヒスタミン等が、目や鼻の粘膜などに作用して、さまざまな花粉症の症状があらわれるようになります。