薬局検索 | DDまっぷは全国の病院・診療所・歯科・薬局を検索できある病院検索サイトです。

危険な熱中症 | 夏病特集 2018

トップ > 危険な熱中症 | 夏病特集 2018
  • DDまっぷ特集 - 夏病特集2017トップページ
  • 危険な熱中症
  • プール熱・はやり目にご用心
  • 夏に起こりやすい皮膚トラブル
  • ドクターインタビュー

危険な熱中症

熱中症スポーツや農作業など、高温下で長時間活動していると、体内に熱がたまって神経の障害が起こり、脱水症状などの影響で体温調節機能が崩れて体温が異常に上昇し、肝臓、腎臓、中枢神経などの障害を引き起す病気です。

具体的な症状としては、口の乾き、高体温、倦怠感、大量発汗、発汗停止、嘔吐(おうと)、脱力感、筋痙攣、強い頭痛、めまい、失神、精神錯乱、昏睡などになります。そして最終的に呼吸停止、心停止に至ることもあります。

熱中症の対策と予防

通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用しましょう。

室内

扇風機やエアコンで温度を調節してください。また、遮光カーテンやすだれ、打ち水などで室内の温度が上昇するのを防いでください。

外出時

日傘や帽子を着用し、なるべく日陰にいるようにしてください。こまめな休息も必要です。

脱水症状になると、体温調節機能がうまく働かなくなり、熱中症になりやすくなります。
室内でも、外出時でも、こまめに水分・塩分・経口補水液などを補給しましょう。

熱中症と疑われる症状の人を見つけたら、体温を下げることが第一です。頭・首のアイシングや風通しの良い涼しい場所に移動させ安静にさせしょう。脱水症状の可能性が高いので、吐き気がないようであれば水分を補給させます。

脱水症状

脱水体内の水分が不足している状態のことをいい、摂取する水分よりも失う水分が多い場合に起こります。
嘔吐、下痢、利尿薬の使用、暑さなどによる多量の発汗、水分の摂取不足が脱水の原因になります。

大量の汗や、喉の渇きなどといった症状が出てきます。脱水症状が進むと、めまいや吐き気、ぼんやりする、などの症状が出て、汗をかかなくなります。
また、脱水により血液濃度が上昇し、血液がドロドロの状態になると脳梗塞や心筋梗塞などが起こりやすくなります。


脱水症状の対策と予防

脱水症状は室内でも発生します。室温を下げることも大事ですが、何よりもこまめな水分補給が大切です。喉が渇いたと感じる前に、定期的に水分をとりましょう。

脱水症状が出た時には、冷たい経口補水液などをゆっくり飲み、しばらく安静にしてください。
症状が回復しないときや重度の脱水症状の場合には、すぐに病院に行きましょう。