虫歯の治療 | 虫歯予防特集 2017

トップ > 虫歯の治療 | 虫歯予防特集 2017
  • DDまっぷ特集 - 虫歯予防特集2017トップページ
  • 虫歯予防
  • 虫歯治療

虫歯の進行

虫歯の進行度合い

予防や治療をせず、放置した場合、虫歯はどのように進行していくのでしょう。 虫歯の進行度合いは、C1~C4まで分類できます。

C1

C1

C1とは、虫歯がエナメル質までに限局した浅い状態です。
痛みはまったくありませんが、放っておけば虫歯が進行します。

C2

C1

C2とは、虫歯が象牙質まで達した状態です。
冷たいものがしみ、痛みを感じるようになります。

C3

C3

C3とは、虫歯が歯の内部の神経まで達した状態です。
虫歯が神経に達している状態ですので、何もしていないのにズキズキと激しい痛みを感じます。

C4

C4

C4とは、歯が虫歯によって崩壊して、根っこのみの状態となり、激しい痛みが続きます。
痛みがなくなる段階まで放置すると、痛みを感じる神経そのもの壊死してしまうので痛みを感じなくなり、更に放置すると、根に膿みを持つようになります。
この状態までくると、強烈な痛みを感じるようになります。